植物や雑多なちいさなこと

#作業進捗

今回は華やかに。 illustratorでの作業。
書下ろしでおかゆさんのまんがをつけようかと思っています。

20220922170530-admin.jpg

#memo

友人と久々に会って和んだり、
悩み事を身内に相談したりで充実した夜でした。
原点をそっと思い起こす夜。

#memo

いつもの平飼いの卵屋さんから買った卵が結構あったので
昨晩は初めてニラ玉に挑戦。
とても美味しくできました。定番メニュー入り!

#memo

体調が安定するようになって一週間と少し。
病み上がりではありますが、今の自分余計なこだわりとかがなくなって
ちょっと好きかもしれないなあ、なんて思ったりでした。

余計な事を考えずに、作るものにだけ集中していられるというのは
なるほどとても贅沢なものなのかもしれない。
それをしみじみ味わっています。

#memo

自分が高校生くらいの頃、なんだろう、なんと表現したらいいのかちょっとわからないんですけど
自分たちより前の世代にはうまく言語化できないんですけど
「その世代」とすぐに気づけるくらいの気配、というか雰囲気がありまして。
それは作品でも、文化でもすぐそれと気付けるくらいに濃厚なもので。

若さゆえの無鉄砲といいますか、自分はその世代とは絶対別の物を作るんだ!って
学生時代は無謀にも思っていました。
まあ、若さゆえの反発心みたいなものなんだろうなあと思うんですけど。

そして今、年をとってみて思うのは。
自分もそう思われてるんじゃないかなあと
ちょっと怖く思ったりするのです

センスとか、なんでしょう気配としかいいようがないんですけど。
それが多分自分で気付かないくらい若い世代にはいつかの学生だった自分みたいに
感じ取られているのかなあと思うと、無性になんかこう、床でジタバタしたくなるような気持ちになるといいますか…

でも今の世代って、リバイバル作品も多いから案外そういうのないのかもなあ
ネットで誰でもどの時代にでもアクセスできるようになって、「世代」の独特の空気感って本当になくなりましたしね。 
でもそれも若い世代からしたらみえるものなのかも。
若い人に知り合いがいないとわからないものですねえ。

ともあれ、ついていくいかないにかかわらず、ものづくりをする上では
アンテナだけはもうちょっと立てておきたい、そんな気持ちの夜でした。

いつもその時々の時代に対して傍流みたいな作品を愛していたので案外自分が好きな作品というのは世代を超えて愛されているものが多いんですけど、作品を作る上でアンテナだけはおらずにいきたいとそう思ったのでした。close

#memo

このところ新しい目標が欲しいなあと、ちょっと思っていて。

物が少なくて、ばっちり収納された部屋に憧れるけれど
趣味や制作のための材料や小物が多い、特に資料の本があふれまくっている…!

我が家では相当難易度が高いといいますか、
難しいところなんですけども。

でもミニマムな住居に憧れを抱いたりもするのでした。
ミニマム…というより画材や資料が多いのでものすごく収納整頓されたお部屋、かな。

きっとそんな部屋が作れたら、もっとばりばりお仕事もできるんじゃないだろうか。

取捨選択をきちんとできるひとになりたい、というのもあったりして。

資料本の寄付などとそろそろはじめたりしていますが
涼しくもなってくるしもう少し踏み込んでやりたいなと思う秋でもあります。

思い立ったらすぐに作業に入れる、工房みたいな部屋にできたらなあ。ゆっくりでもいつかできるといいな。

#memo

体調が安定してやっともうすぐ一週間。

昨晩家に帰る途中、ちょっとしめった空気と土のにおいの涼しい風に包まれながら
周り中いっぱいの虫の声に包まれて、病的な感覚ではなく、
それだけを純粋に感じられることについて、こんなしあわせがあっていいものだろうか、なんて思いながら自転車を漕いでいたのでした。

たぶん多くのひとには取るに足らないささやかすぎるいつもの宵だったんでしょうけども。

今回の不調は二か月を数えていましたからそんなありふれたものが
涙がにじむくらい嬉しかったのです。

大好きな秋、健康なままで生きていけたらな。

きっとそれだけでもとっても幸せなんだと思います。

鳥さんやめだかさんと一緒に、健康でいて
たくさんのものを作って描いて、そんな秋や冬だったらとっても嬉しいのだと思います。


■複合全文検索:

  • 投稿者名:
  • 投稿年月:
  • #タグ:
  • カテゴリ:
  • 出力順序: